トレチノインで美肌に

トレチノインの治療期間

美白やシミ、しわなどの治療にトレチノインが使われますが、治療期間は大体どれぐらいになるのでしょうか。トレチノインを使って出来る治療法は他にもニキビやニキビ跡の改善などもあります。

トレチノイン自体はビタミンA誘導体であり、人間の血液中に微量ながら含まれているものですから、使い続けていく時に何かアレルギーなどが出たりすることはありません。ただし、あまりに長く使いすぎると、体の方がトレチノインに耐性がついてしまうことはあります。そもそも強力な作用がありますので、処方する病院でもあまり長く使うような指示を出されることはありません。

早ければ一ヶ月ほどでトレチノインを使用して効果が出る人が多いので、後は必要に応じて医師と相談しながら利用を進めていくことが基本になります。耐性に関しては2~3ヶ月ぐらいということが多いので、長くても大体2ヶ月ぐらいの治療で、また使う場合には薬を使わない休薬期間を2週間から1ヶ月ほど設けてから使っていくことになります。

美白が目的になるのであれば、一緒にハイドロキノンも使っていく事を推奨される事もあります。より美しい白い肌作りをしていきたいのであれば、利用を検討してみるといいでしょう。ニキビ治療に利用する場合にはトレチノインのオイルコントロール機能などを主に期待して使っていく事になります。この場合は特に注意したいですが、厚塗りではなくて薄く塗るぐらいでも十分治療効果はあります。

重度のニキビであるとか、長年かけて出来てしまったシミなどに関しては、一朝一夕で結果が出ることはありません。肌の様子を見ながら、医師と相談しつつ正しい用法を守って治療を進めていくようにしてみて下さい。

◆すっぴんは肌だけじゃなくて、目元も実は見られていますよ
ケアプロストですっぴんも可愛くなろう